まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 地域振興券 | メイン | 琉球民族とアイヌは先住民 »

▼2008年11月02日

加齢臭は当然ババアもしますよ

 以前「うちの男はちょっと臭う」などという差別的CMをかまして、流石に男達だけではなく主婦達からも反感を買ったP&GレノアのCMだけど、今度は男の加齢臭できたね。

 なんだか世間では誤解されてるみたいだけど、加齢臭は当然中年男性だけではなく、ババア共も発散してます。ついでに言うと、加齢臭は、いわゆる世間的に思われている匂いと多分違います。実際の加齢臭は汗臭いような匂いではなく、なんていうか…知らない人の家に入った時に何となく匂ってくるような、あの他人の家の匂いに近いような匂いです。多分実際嗅いでみると、思った程不快な匂いではありません。

 加齢臭…といいう言葉を作り、あまつさえそれが「中年男性の匂い」というミスリードを必死に誘っているマスコミと広告代理店共は、詐欺師の上に差別主義者のクソ共と認定すべき。

 仮に「加齢臭」がするおじいさんがいたとしても、それを「不快」なものとして位置づけようとするメーカーの姿勢は、国際連合人権委員会に訴えてもいいような、人権を侵害した犯罪行為です。こんな人間差別意識丸出しなメーカーの製品は絶対に買ってはいけません。

 しかし…こういった人間本来の性質を攻撃して新商品を買わせようとする「脅迫マーケティング」は、本当に法律で規制すべきだと思うね。この例だけではなく、衛生用品にまつわる広告は、見て不快に思うものが多すぎると思うのは気のせいか?

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ