まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ゆめをかなえよう | メイン | 高尾山 »

▼2008年11月03日

酒を呑むと書くことが過激になる

 自分のブログを読み返してもかなりそんな傾向があるね。夜に更新されるエントリーには要注意ということか(笑)

 後で冷静になって読むと、自分でも「おいおい…」と思うこともあるが、それでもあえて削除しないようにしている。やっぱりライフログとして、自分でかなり役に立っているコンテンツなので…。

 よく「ブログを書くのと日記を書くのは何が違うの?」と聞かれることがあるのだが、それは多少なりにも「他人に読まれる」という意識の問題なんだと思う。他人に読まれるかのせいが全くない日記の場合、書くことも著しく私的になり公平性もなく論理も倫理もなく飽きて止める…という流れが多いと思うのだが、例え誰も読んでくれていない…というブログでも、それが人目に触れる可能性を考えると、あまり変なことも書けないし(書いてますが(笑)、また、書く文章も他人にわかりやすく書くように努める(判りにくいですが(笑)もので、それがある種のモチベーションを維持するきっかけとなる。

 どうも、特にブログを自分で書いていない人達は誤解している人が多いみたいだが、少なくとも私に限っていえば、他人に読まれることは意識していても、他人の為に文章を書いているのではない。たまには他の人も役立ててくれるかな?なんてエントリーも立てるけど、基本的に「ブログを書いている」理由は、極めて私的な動機だ。おそらく他のブロガーでもこういう人が多いのではないかと思う。誰かに読んでもらう為にやっていることではない。
 読者を意識してのブログなら、きちんと話題を選んで、ジャンル別に別なブログを立ち上げて対処するだろう。その方が読者も増えるし、アクセスもコメントも増える。でもそういうの興味ない。

 だからこそ、話題も雑多だし、訳の判らない文章も書くし、たまにはちょっと役に立つことを書いたりもする。また、基本的に公開後の編集もあまりしないようにしている。誤字脱字等は見つければ直すようにしているが、文章の構造的に同じ事を繰り返しいってるな~とか、前後がイマイチつながらないな~なんて思っていても、あまり修正しない。というか、エントリー書いて公開前に読み返すことすらしないのがほとんど。だーっと書いてエントリー公開してから「こんな事書いてたんだ」なんて(笑)

 ま、テな訳で…酒を呑むと文章が過激になるし、落ち込んでいる時はくだらないこと書くし、気分が乗っている時には役に立ちそうなエントリーも書く。そういうのを含めて個人ブログは個人ブログなのではないかと。

 皆様も末永くゆるくおつきあいください。

コメント

そういえば、いつから拝見しているか忘れてしまいました。最初はたぶんDACあたりだと思うのですが・・・。きっと、これからも末永くゆるく訪問すると思います。では、また。

ありがとうございます。
どうぞごゆるりと…そしてたまにはコメントつけていただけると励みになります(笑)。
これからもよろしく!

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ