まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 自転車のビンディングペダル | メイン | しかし、あんたらはホントハマの男だなぁ »

▼2009年04月04日

ヤフオクの値引き交渉

 知らない間にこんな機能がついていたんだね。というか、このシステム考えたヤツってバカじゃないだろうか?ヤフーのスタッフってオークションの意味を理解していないのでは?ということで、嘘のニュースとそれに対する世間の評判(笑)

 値下げ交渉機能が順調な滑り出し リリースから1週間」:コレ売ろうアレ買おう

 ヤフーも、モバオクにユーザーを取られて必至なんでしょうな。実際、ヤフオクにはシステム利用料なんて所場代取られているけど、利用者にはなんのメリットも保証もないし、取られ損と感じている人も多いだろう。大体e-bayでは出品も落札も無料なのに、なんで日本のオークションだと金を取られるんだろうね。市場寡占の悪しき例だ。もっとも寡占するのがe-bayだったら、日本人もほとんどが幸せになれたんだろうけど。

 実際、ここ1~2年で、ヤフオクはかなり出品される物件のバラエティが減っているような気がする。同じような商品をしつこく出品する連中ばかりが増えて、いわゆる「レアもの」の出品はずいぶん減った。数年前は落とす気がなくても出品物を見ているだけで楽しめたのに、今は逆に「こんなモノでも出品がないんだ」なんて思える事が多くなった気がする。

 今のタイミングでe-bayが日本再進出を計れば、勝算は充分あると思うけどね。
 結局は、良くも悪くも、ソフトバンクが市場を独占したオークションサイトを運営しいているというのが、日本人にとっての不幸なんだろう。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ