まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 夜間にBrompton | メイン | 大和形戦艦は無駄だったのか? »

▼2009年06月05日

BromptonにSLIKの三脚ストラップ?

090605-01.jpg ブロンプトンに乗っている皆さんは、輪行バッグ持ってますよね(笑)。私は純正の「キャリングバッグ」と「カバー&サドルバッグ」を持っていて、普段は「カバー&サドルバッグ」を使っています。

 ただ、この「カバー&サドルバッグ」の欠点は、手や肩にかけるベルトがないため、駅などでブロンプトンを持ち運ぶ時にちょっと力がいることです。しかし、その問題を解決するために、私はスリックの三脚ストラップを、写真のようにブロンプトンのフレームに通して使っています。

 この状態だと、肩からさげてブロンプトンを持ち上げられる上に、ブロンプトンを置いた状態でも、ストラップを持ってブロンプトンを牽引しやすくなります。
 また、このカバーをサドルバッグにしまう際も、小さく折りたたんだ上に、この三脚ストラップを使ってでカバーを小さく縛ってしまうと、サドルバッグの中にコンパクトにしまいやすくなります。もう超お勧めです。

 問題点は、当たり前ですが自転車用のストラップではないので、その辺の耐久性やリスクは、自己責任で…という事でしょうか。まぁ、実際ストラップで肩にかけた場合も、通した手でブロンプトン本体を握るように固定しますので、いきなりちぎれて落下…という事はないかと思いますが、ストラップを使う際は、階段など下に注意することと、都度、使用前には三脚ストラップの状態を、目視でチェックしましょう。
 もっとも、三脚の方だって、プロが使うようなモノは決して軽いモノではないので、ブロンプトンに使ってもすぐに千切れてしまうことはないと思いますが。

 ちょっと写真が分かりにくいですが、そのうちもっと分かりやすい写真を撮って、きちんと紹介しますね。

CONTAX SL300R T*


Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: BromptonにSLIKの三脚ストラップ?:

» Bromptonの魅力 from flatearth.Blog
 友達で、ブロンプトンの購入を検討している人がいるらしいので、ダメ出しのエントリ... [詳しくはこちら]

最近のコメント

アーカイブ