まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ボルドーの赤ワイン | メイン | シリーズ・JAPANデビュー問題 »

▼2009年06月18日

EP-1が気に入らないのでブログを辞める?

 写真系のブログは結構RSSに入れているけど、他人が語る機材話にはあまり興味がないので、このブログもはじめて読んだ。ま、人それぞれだと思うので、別にそう判断したのなら、それでいいと思いますが。

 ★Nobless oblige. 4/3の救世主たらん事を【PEN E-P1】★」:★4/3 boosters★

 しかし…自分の持っている製品に対して、ここまで偏執的な思い入れを抱けるってのは、すごいなと思う。

 え?私…。今は4/3にそれなりに投資しているし、少なくとも「屋外でホコリを気にせず気軽にレンズ交換が可能」というアドバンテージが失われている訳じゃないので、例え明日オリンパスが「APS-Cに参入!」とか言い出しても構わないと思いますが…。というか、そのメーカーの姿勢に文句があっても、それを理由に、持っているカメラを速手放す事はしないけどね。売れるうちに売っぱらおうとか、そういう面からの判断はあると思うけど。

 別にメーカが好きだから、4/3の理念に惚れたから、という理由で、カメラ買ってる訳じゃないので…。「理念」については、買ってしまった上での言い訳には利用させてもらってますが(笑)

 ちなみに、私の家には、フィルムだけど、一眼レフシステムは、ニコンもキャノンもトプコン(笑)もある。つーか、中古で安くなったEOS-5Dなんて、今でもマジで欲しい位だ。

 そういう意味では、単なる消費者でしかない私たちが、一つのメーカーに対してそこまで思い入れができる…っていうのが、むしろ不思議。ニコンでもキャノンでも、自分が使いたい…あるいは撮りたいと考えている写真に適したカメラがあれば、自由になんでも買えばいいのにと思うけどね。そしてその結果、他のメーカー製品を買ったからって、過去の自分の判断が無に帰す訳でもなかろうに。

 もっとも、以前友達と話していたんだけど、単なるメーカー製品に対して、ここまで私たちオッサンが、熱くなって討論できるってのは、今となってはデジタル一眼レフカメラ位しかないなぁ…と。ちょっと前には、クルマはトヨタがいいとかニッサンが一番とか言っていた人達が、今はデジタル一眼レフについて熱く語り合っているという状況か?それはそれで、なんだか楽しそうでいいな、とはと思うけどさ。

 ま、今の私…もう少し下の世代も含むかな…が、消費のメインステージから外れる頃には、時代遅れのクイックリターンミラーと、同じく時代遅れの上に製造コストばかりがかる光学ファインダなんて、デジタルカメラからは一掃されているでしょう。
 レンズを資産なんて思う考え方も廃れるでしょうし、そういう意味では、噂されている「リコーがレンズ側に映像素子を内蔵したレンズ交換式カメラシステムを出す」なんて考え方の方が、確実に未来はあると思う…なんて、昔、似たような事をこのブログでも書いていたなぁ。

 結論としては、新しいモノを喜ぶ人もいるし、新しいモノを否定する人もいるし、私みたいにノンポリ(笑)な人もいるということでしょうかね。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ