まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« Brompton Bicycle | メイン | LAMY 2000 シャープペンシル »

▼2010年02月25日

CHORD Chordette Gem

100225-01.jpg 英国CHORDと言えば、高級オーディオ機器メーカーとしてマニアには有名だが、そのコードにしては比較的手頃な値段で、Bluetooth対応のUSB DACが発売された。その名も「Chordette Gem」という。

 CHORD社の製品にしては珍しくカジュアルな位置づけで、本体のカラーも全7色。USB/DACとしても使えるが、やはり大きな特徴は、Bluetoothで音楽信号を受信できること。Bluetooth対応機器であれば、携帯プレーヤーや携帯電話に入っている音楽を、高品質・ワイヤレスで再生することが可能だ。
 実際には、携帯電話に入ってる「着メロフル」を再生するために、CHORDとしては手頃とはいえ、こんな値段の機器を買う人はいないと思うが、取組みとしては面白い。

 無線機能については、同社の高級シリーズDACであるindigoでも同様の機能を備えており、同じ英国でネットワークプレヤーに積極的なLINNとの差別化を考えているのか、CHORDはオーディオ機器の無線化によって、アイデンティティーを確立したいという思惑があるのかもしれない。

 DACとしての特徴は、無線だけでなく、44.1kHzは88,2kHz、48kHzは96kHzと、デジタル信号を一度アップサンプリング処理をしてアナログ変換すること。また内部のBluetooth回路とその他の回路は電源を完全に分岐させ、ノイズなどの悪影響が出ないように工夫されているらしい。

 早速音を出してみた。まずはiPhone内のデータをBluetooth経由で再生。

 ちなみに、私のシステムで今まで使っていたDACは「AudioAlchemy Dac-in-the-Box(ちょっとページ下にスクロールしてね)だったのだが、これもまぁ…古いDACにしてはなかなかの美音系で、中域の滑らかさは今でも気に入っているのだが、やはり低音などについてはどうしてもパンチが不足していた。

 で、今回の Chordette Gemだが、予想以上の低音もりもり系で、むしろCHORDのイメージだと、もう少しおとなしい音を出す製品かと思っていたのを裏切られた。なかなか幸先はよい。
 ただBluetooth経由だと、どうしてもオーディオクオリティとしてはちょっと不満が出る。これはBluetoothのせいじゃなくてiPhoneの力不足なのかもしれないが…。

 次は本命、PCからUSB接続での再生。再生ソフトはiTunesを使用。夜間の再生だったので、大きな音は出せなかったのだが、なかなか…可能性を感じる音を奏でてくれた。しばらく通電しておいて、更にセッティングなどを煮詰めれば、もっといい音を出すだろう。

 接続直後の評価なので何ともいえないが、変に高級機であろうとする音のまとめ方ではなく、その辺は割り切って、むしろ元気でシャッキリとした音にチューニングされているようにも感じた。その辺の評価については、もう少し使い込まないとわからないが、今のところは好印象だ。

 最近のCHORD製品のアイデンティティーとなっている「ボディの一部が窓になっている」スタイリングも含め「手の届く高級DAC」として、なかなか面白い製品かもしれない。

OLYMPUS E-410 + Zuiko Digital 35mm F3.5 Macro


コメント

そちらの具合はどうですか?

ウチではiTunesでは低音が膨らみすぎて相性があまり良くない模様。
やっとfoobar の機嫌が直ったので、これからと言う感じです。

目指せヘブン。

foobarっすか。そういえばインスコしてあったのですが、まだ試してないです。
でも、もしfoobarの方がよかったりすると、また面倒だなぁ…(笑)。

定価で買ってるとちょっと期待しすぎちゃうかもしれませんが、あの値段なら今のところ大満足です。

低音のあのキャラは、iTunesのせいなんですかね。
私もはよ、ヘブンに行きたいです(笑)。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: CHORD Chordette Gem:

» BT-MicroEDR1XでBluetoothオーディオを from flatearth.Blog
  先日購入したCHORD Chordette GemがBluetoothオーデ... [詳しくはこちら]

最近のコメント

アーカイブ