まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« メソッド・アンセストラル「あわここ」 | メイン | 終電間際に電車が止まったらどうすればいいのか »

▼2011年07月02日

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

ヲタ

20110702_01.jpg 噂のあの花。録画してあったけど、途中から見ていなかったのですが、何故か平日の朝急に見始めて、まとめて3話分見て会社に大遅刻という、何やってんだかという感じでようやく一昨日最終回を見ました。

 ええ、面白かったですよ。秩父市観光に行きたいって感じ。

 ストーリーとしては、結構ベタかなぁ。感動はしますが、かといってこれに涙してる人達は、韓流ドラマに涙してるオバサン達を笑えないよ…みたいな。

 ただ、自分達の世代にとって、アニメーションという表現手段は、映像の原体験でもあるし、やはりこういうストレートなお話は、アニメーションで見るのが一番心に染みるというか…そんな感じであります。そういう意味で、このアニメは子供対象というより、アラサーやアラフォー向けなんでしょうね。

 あとは、やはり安城鳴子役の戸松遥さんに「戸松さんのあなるサイコーでした!」と合法的に言えるというのが、このアニメのいいところなのかと(笑)

アウロラのミニオプティマで描きました


Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ