まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 本音で語る沖縄史/仲村清司 | メイン | MGF乗りはMGGの夢を見るか »

▼2011年11月19日

わが家のネコたん

ねこ

20111119_01.jpg わが家のネコ2匹。そういえば名前をまだ紹介していませんでした。写真上にいる尻尾が長い方が「ハナ」写真手前の短い尻尾が「ニコ」といいますよ。

 彼女達(両方メス)はノラ出身。千葉県の先端に嫁いでいった妹の家に何となく住み着いていたメスねこが、ある日家の裏で4匹の子猫を産みました。
 妹はすわ一大事と考え、早速親猫と子猫に自宅屋内の部屋をひとつ与えて、3ヶ月位まで、親と一緒に育てていたとのこと。そして、その間に4匹のネコの嫁ぎ先を探し、他の2匹はそれぞれ別な家に行き、この2匹はうちにくることに。
 ちなみにその母ネコは、その後妹の手によって獣医に連れて行かれて不妊施術を受け、今まで通り、家の周りをうろうろしているそうですが、つい先日はネズミをくわえて家の前を歩いていたそうです。ま、母ネコは母ネコでそれなりに幸せな猫生を送っているのかな?

 ちなみに彼女達も元々はノラなので、生まれてからすぐに獣医の検診を受け、特に異常は無いという結果を頂いてます。んで、ワクチンを2回打った後、私の家にやってきました。

 しかし…あのバカ妹にしちゃ、なかなか鮮やかな手際だよな。飼っていた訳でもないネコが、いきなり自宅裏で子供を産んだって事態に対して、ほぼ満点な対応。生まれた猫も産んだ母親もみんな幸せになれそうで、本当に良かったよ。

 このネコ達、私の家に来て既に1ヶ月たったけど、性格の違いも随分出てきた。「ハナ」は割とすました性格で、しかも運動神経がいい。「ニコ」の方はもう超甘えんぼで、私が部屋に入ってくると、すぐにすり寄ってきます。性格は違っても仲は良くて、今このエントリを書いている時も、2匹でとっくみあいして遊んでます。どちらも長生きしてくれるといいなぁ。

OLYMPYS XZ-1

コメント

うひょ~~んカワユス!たまらん~うにゅう~。

今度会いに来て〜!

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ