まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ミモレットのカタマリが届きました | メイン | iPhone5に機種変! »

▼2012年10月10日

山田照明・ROYAL-PET ZM-001をLED電球にする

EA090488.JPG 以前入手したクラシックな照明器、山田照明のROYAL-PET ZM-001ですが、当然のことながら使用する電球は通常の電球で、使っていると結構熱くなるため、これもLEDに出来たらなぁ…と思っていたのです。

 ただ、使用する電球が差し込み式の電球。これは自動車のウインカーやナンバー灯に使われる電球で、一般家電用品店では、この規格のLED電球は売られていません。どこかに売っていないかな〜と思いながら、近所のオートバックスに行くと、確かに同じ差し込み式タイプのLEDウインカー球は売っていましたが、ひとつ5,000円前後と、ちょっと現実的ではない価格でした。

 ということで「お願いインターネット!」、Amazonで検索してみますと、ありましたありました。1,200円前後でいい感じのLED球が。その中で「株式会社ピカキュウ」というメーカーから発売されているLED電球をゲットン。早速取り付けてみました。

 ZM-001には、ライトの「強・弱」のスイッチがあるのですが、その中で「強」の方ではバッチリと点灯しました。当然発熱もほとんどありません。大成功です。
 ただ「弱」の方では、ちょっと照明には使えないくらいの弱い光しか出ませんでした。ま、一般的なLED電球は調光器に対応していませんので、これは仕方がない。

 ZM-001の本体はコンパクトに出来ているため、キーボードの手元用照明にはピッタリ。こんな風に、古い家電が現代の技術でよみがえるのは、なんだかいいよなぁ〜というお話しでした。

OLYMPYS E-3 + Zuiko Digital 11-22mm F2.8-3.5


Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ