まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 神奈川県立生命の星・地球博物館 | メイン | Kiniko plays reich in Tokyo »

▼2012年10月29日

大雄山線乗車日記

PA274033.JPG 小田原に来たなら乗っておきたい伊豆箱根鉄道大雄山線。小田原への訪問は珍しくなくても、電車で来るのは珍しいので、ここは潰しておかないと思い、乗ってみました。

 小田原駅の一番南側に、そのホームはひっそりとたたずんでいます。車両は青を基調にした4両編成の電車です。駅は全部で12あり、小田原駅と終点の大雄山を、おおよそ20分程度で結んでいます。

 私は土曜日午後の14時過ぎに乗車したのですが、地元女子高生や買い物客風なオバサン、その他サラリーマン的な人達で、シートは殆ど埋まっていました。

 単線の路線は、ゆるゆると地方市街地風の風景を走ってゆきます。
 特に感動したのは、車窓から見えた箱根山かなぁ。あえて車両の写真ではなく、車窓からの写真を掲載しましたが、これは素晴らしい景色です。

 なぁんてワクワクしながら車窓を眺めていると、すぐに大雄山駅に到着。どうやらこの駅は桃太郎推しのようで、駅前には桃太郎にまつわる看板があったようななかったような…。私と言えば、駅前のピアゴというスーパーへ直行!地方スーパー萌えな私にとっちゃ、こりゃタマランです。

 買い物もせず、食品売り場や服飾売り場などを、舐めるように眺めるという怪しげな行動をとった後、30分位後に大雄山駅を発車する上り列車で小田原駅まで戻りました。ちなみに、片道の運賃は270円ね。

 こんな機会でもないと、なかなかこういったローカル線には乗車できませんので、私にとっちゃとても満足で、大興奮のひとときでしたよ。

OLYMPYS XZ-1


コメント

井細田駅(確か?)近くに親戚がいて、しばらく預けられたことがあります。

井細田駅とは、なんてマニアックな!(って事もないかw)
小田原駅から緑町駅間の短さにビビリました。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ