まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ITTOK LVIIとAKITO IIとBASIK PLUSアームに付いているイモネジについて | メイン | beautiful world/Connie Talbot »

▼2012年12月16日

シャルランのレコードを買う

PC160098.JPG 昨日は午後から出かけてユニオン詣で。

 何枚かレコードを買ってきたのですが、そこで手にした「シャルラン」のレコード「quatuor a cordes slovaque」。スロヴァキア・四重奏というレコードです。

 シャルランといえば、古いオーディオマニアにとっては耳にしたことがあるのではないでしょうか。私は正直よく知らなかったのですが、レーベル名にもなっている「シャルラン」という録音技師が興したレコードで、ワンポイントとバイノーラルにこだわった高音質なレコーディングが特徴。その為、オーディオチェック用のレコードとしても人気があったとか。

 肝心の音楽については、マイナーレーベルのため演奏家へ大金を払えず、ギャラが安い楽団を探してきては、そこでマイナーな曲を演奏してもらっていました。彼は曲の内容よりも録音に興味があったのか、それとも、マイナーな楽曲にも素晴らしいモノがある!という気概でこのようなラインナップだったのか、よくわかりません。
 その後も、メジャーどころで人気のある楽曲がリリースされず、その為肝心のレコードがあまり売れずに、ヒッソリと消えていったようです。

 つことで、私もこの「quatuor a cordes slovaque」を聴いてみたのですが、音もいいけど音楽も良いねぇ…。確かにマイナー音楽っぽい雰囲気がありますが、室内楽が好きな人には、この美しい弦楽器の響きがたまりません。

 折角なので曲目リストですが

1:Joseph Myslivecek 1737-1781
  Quatuor a cordes en ut majeur

2:Jan Adam Frantisek Mica 1746-1811
  Quatuor a cordes en ut majeur

3:Antonin Rejcha 1770-1836
  Quatuor pour flute et cordes en ut majeur

 となっております。

 以前はシャルランのレコードって、あまり売れずに数も少ないため、それなりに中古価格も高騰していたらしいのですが、私が買ったレコードは、1,200円でした。
 音もいいし収録されている音楽も素晴らしい。特にB面「アントニオ・ライヒャ」なんて、他にもCDとか探したくなります。良い買い物したわぁ。

OLYMPYS XZ-1

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ