まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« PLANEXのSW-0008F2で音は変わるか? | メイン | エレベータのひらくボタン »

▼2012年12月20日

なんだかキミが恋しくて/さよならポニーテール

Sayonaraponi 考えてみれば「さよポニ」のCD買ったのは今回が初めて。

 もちろん、聴いた事がないわけではなくて、彼女達の音楽は以前TSUTAYAでCDレンタルしたとき、まとめて何枚か借りたうちの1枚に入っていました。
 聴いてみると、確かに可愛らしい歌声でしたが、ちょっと暗い感じの歌やアレンジがあまり好みでないな…と思って、「新規追加曲」のプレイリストから落ちた後は、そのままiTunesのライブラリに入ったままです。

 なのですが、このアルバムは良かったな。
 タワーレコードの試聴機に入っていたので、色々聴いてるついでに聴いてみただけなのですが、曲のトーンが少し変わっています。初めて、さよポニのCD、レンタルじゃなくてDiscを買ってもいいかな…と思いました。

 特にトラック2「わたしの悲しみを盗んだ泥棒」とか、スタートの弾む感じは、かなりお気に入りです。少女系ポップスはこコレじゃないとね。暗い歌歌って許せる(許せた)少女は、谷山浩子だけだっつーのw。

 初回限定版にはボーナストラックも付いていて、こちらも可愛らしい雰囲気ながらちょっと悲しい曲で、なかなか良いです。
 レンタルで済ませてもいいんでしょうが、レンタルだとこういった初回限定トラックが含まれない盤だったりするので、その辺をご認識の上どうぞ。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ