まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 流しカワウソ見てきました | メイン | 栗駒山登山未遂 »

▼2013年09月19日

MGFを回転させた話

8674425129_efb2469c49_o-1 もう半年以上前の話なんですけどね…。一応、自らの戒めと話のネタとして(笑)記録に残しておこうかなということで、MGFをぶつけてしまった話を。

 ぶつけた部分は写真の通り。修理費用は塗装代込みで28万円。車検の前だったので、車検と一緒に修理に出してます。ちなみに私のこの修理で、日本で在庫してあったフロントバンパーとウインカーのパーツは使い切ったとの噂なので、次にMGFで事故起こす予定がある人は注意して下さいね。

 事故については完全な自爆です。場所は福島県の方の山岳路。昼間はカラッと晴れていたのですが、夕方頃から雨が降り始めてきました。事故ったのは雨が降り始めて路面がキレイに濡れ始めた辺り。降り始めの雨は、水に路上のホコリが浮いた状態で滑りやすく、事故率が高い気象状況と言われています。

 で、事故の状況については、以下の詳細図をどうぞ。自爆とか笑って言ってますけど、実際は対向車を巻き込む恐れがある重大事故でした。

MGF_zu

↑クリックで拡大


 コーナーリング中に、ちょっとハンドルを切り増ししてリアが外に出たときは「おっ!」と思っただけで全く余裕だったんですけどね。そのまま後続車が迫っていなければ、軽くドリフト気味にコーナーをクリアして終わったと思います。
 後続車の存在を私が認識した時点では、私がいる先のコーナーに侵入しようとしているときでした。ちなみに、コーナー外側は谷、内側は山の斜面です。

 しかし…対向車が見えた時点で、反対側車線を横になりながら通過する訳にもいかないと思って、ちょっと焦った、という事はあります。結果、その場でぐるんと回ることを選択したのですが、やっぱりこの判断は間違ってなかったかなと。

 相手との距離はそこそこあったので、その場で私が真横で止まっても、ブレーキかければ止まれたと思いますが、それは私が勝手にそう思っているだけで、先のコーナーで真横になったクルマが止まっているという状態をどの時点で認識するかはわかりませんので、何ともいえません。私の車が止まってから対向車は横を抜けていったので、対向車の時間的な余裕は少しあったとは思います。
 もっとも、対向車も私のスピンにビビって減速している風ではなかったので、私の車を認識したタイミングは遅かったのかもしれません。いずれにせよ、一歩間違えると重大事故であったことには変わりありません。本当に申し訳ないことを致しました。

 しかし…「よし、キレイに止めた!」と思った後、しばらく走ってからウインカーの異常に気が付いたときはショックだったな。
 一回転した後、右フロントのタイヤで路肩の土をひっかいた!という認識はあったのですが、まさかバンパー擦ってるとは全然思わなかった。回転した後、除雪した雪の塊があったのは見たのですが、ぶつけて土が散乱してるとは思わなかったし、ホント、絶妙なところに除雪跡があったというか、あるいはこの場所だから助かったというか…。
 自動車の場合は、ちょっとした気の緩みや判断が、重大な事故に繫がるモノだと、しみじみと実感しました。

 ちなみに、意図的にクルマを回転させたことは何度もありますが、このような状況で車を回転させたのは初めてです。また、Fでの自爆系事故だと、以前友人のFを運転してるときに、ふと気が緩んで路肩の側溝に落ちかけた事がありました。

 実はけっこうな危険運転をしているのではないかと、反省するコトしきりであります。

OLYMPYS XZ-1


 

コメント

身体が無事で良かったです。

お、じみぃさん、お久しぶり!
何とか身体は無事でございます。いい歳してるんだから、もうこういう運転はやめるようにしなければいけないのですがw

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ