まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語を見てきました | メイン | MTBはなぜ廃れたか »

▼2013年11月24日

かぐや姫の物語をみてきました

ヲタ

R0320173.JPG 先週、プロモーションDVDももらった事だし、お約束のTwitterで「おっぱいでるよ」wとも聞きましたし、また以前テレビでのドキュメントを見たときは、ストーリーよりもその技法に興味を持ったし…とのことで、早速見てきました、かぐやひめねーさまの物語

 言っちゃなんですが、映画としてはそんなに期待していなかったせいもあったのが、これは良かったなぁ…。
 傑作とは言いませんがなかなかの佳作。宮崎のいないジブリなんて…とか、となりの山田君の前例があるから…とか、その辺を心配している人なら大丈夫だと思いますので、いいからすぐに見に行ってこい!

 原作は「竹取物語」なので、ネタバレもなにもないのですが、やはりラストはホロリときます。

 そして、ラストに流れる主題歌…あ、まちがえたこっちこっちwが、スタッフロールに流れるとき、本当にじぃん〜ときました。久しぶりにストレートに映画の世界観を表した傑作主題歌だと思います。あとでCD買うわこれ。

 もちろん、アニメーションの技法としても非常に興味深いです。
 というか、人の描いた絵が動くのって、どうしてこんなに楽しいんでしょう、ニッポンのアニメファンでいて本当によかったです。他、技術的・映像的にも語りたい事沢山ですが、これはDVDを買ってチェックしてからにします。

 とにかく、日本の古典である「竹取物語」の新作を、映画館で見て素直に感動出来て、本当によかったなぁ〜、と思いましたよ。

RICOH GR


コメント

見てきましたので、ようやくこちらを拝見w
プロモの映像だけで「劇場で見る」って決めていたのですが、なんとなく感じていた危険な予感は大当たりで、この歳にして映画館で恥ずかしい顔にw
エンドロールが真っ暗で良かった、ほんと、、、。

それはさておき、改めて絵の魅力を強く感じた映画。
劇場で見ておいて良かった。

スパム投稿に埋もれてて、投稿反映遅くなり申し訳ありません。

いいですよね、かぐや姫。
自分の周りで見た人でも,否定的な意見全然ききません。

もちろんDVDとかでもじっくり見たいですけど、大スクリーンで見ることができて良かったですよ。あの、線のタッチとか、家のテレビではちゃんと再現されない感じもしますし。

ラストはね…私は耐えましたが、やはり古典ってのは、ストレートに感情を刺激しますw

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ