まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 名古屋から東京に帰るだぎゃー | メイン | ほっとホット高岡へゆりを求めて18きっぷ旅 »

▼2014年04月25日

徳島製粉「金星」カップ焼きそば

P4190089.JPG 東日本地域ではあまり馴染みのない、徳島製粉の商品。西日本の人達がペヤングを知らないように、東日本在住の多くの人は、この「金ちゃんヌードル」を知りません。
 特に東海地区にお住まいの方にとっては、もはやソウルフードとしての地位を確保しているとかいないとか(笑)

 その徳島製粉の商品ですが、本当に関東では手に入りにくくて困ります。
 以前は金ちゃんヌードルの袋版である「金ちゃんラーメン」が、越谷レイクタウンヴィレッジバンガードで、一袋248円という超絶ボッタクリ価格で売られていましたが(ゴメン買いました)、そんなプレミア価格を支払ってまでも、この関東地区には徳島製粉製のインスタント麺を愛するユーザーがいるのです!

 つことで、地元にある酒の安売り屋さんで、私も伝説でしかしらなかった、徳島製粉製のカップ焼きそばを発見!しかも価格は88円也、迷わず確保しましたよ、5つ程。
 伝説である「金ちゃん焼きそば」とは、パッケージの形もデザインも違いますが(元祖金ちゃん焼きそばは縦型カップなのです)、あの徳島製粉製の焼きそばです。心も高鳴ります。

 そして購入してから数日後の休日昼下がり、私の心の中で、カップ焼きそば感が高まりつつあるタイミングを見計らって、早速食べてみました。

 ソースが粉末というのがちょっと残念ですが(個人的に袋入り焼きそばは粉末ソース、カップ焼きそばは液体ソースに限ると思っています)、丁寧にかき混ぜてから、家にあった青海苔とホワイトペッパーを軽くまぶしていただきます。
 う〜ん、このジャンク感、たまりませんね。ペヤングのソースがインスタントながらも芳香な香りと甘みを内包したピリ辛さがあるのに比べ、この「金星(きんぼし)」は、もっとストレートにピリ辛のソースの味がします。
 麺の歯ごたえは、ペヤングに比べると少しコシがある感じ。スースが粉末なので、この腰のある麺とソースが絡みづらいのが難点ですが、とても美味しいカップ焼きそばでした。

 徳島製麺を愛する、金ちゃんヌードルを愛する諸兄には、是非試してもらいたいカップ焼きそばです。
 それと、公式サイトを見ると「袋入り金ちゃん焼きそば」なんてのも売ってるんですね。あぁ〜、何処で売っているんだろう。ほすぃ。

RICOH GR


コメント

50でセミリタイヤし函館から尾道に転居し1年になります。
こちらのスーパーでは金ちゃんの袋麺は5個パックで248円で売ってます。

金ちゃんの徳島ラーメンってのも良いですよ。
新世代袋麺も好きだけど、これとかイトメンちゃんぽん麺とか好きですね。

尾道ですか!いいなぁ。
あの辺は是非一度自転車持って出かけてみたいです。

さすが、西日本は金ちゃん帝国なのですね。
うらやましいですけど、逆に大阪とかに行くと、ペヤングがないのが気になりますw

イトメンとか、ちょっとマイナー系インスタント麺って美味しいですよね、本当に。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ