まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« National/Technics SU-50A | メイン | NAPOLEX HA-5の謎 »

▼2018年01月07日

NAPOLEX HA-5

P1070572 今のオーディオ業界はヘッドホン関係がブームで、むしろ普通のオーディオメーカーの陰が薄くなっているような状況ですが、この現在のヘッドホンブームからおよそ50年前、1970年〜1980年にかけて、ナポレックスという、ヘッドホンをほぼ専業にするという珍しいオーディオメーカーが存在しました。

 メーカーとしては創立が1970年、そして1980年には会社を売却しているとのことなので、会社の存命機関はちょうど10年間。なので資料も少なくて、手持ちだと「絵で見るオーディオがイド」という昭和53年3月発行の本に国内オーディオメーカーのリストとして掲載されているのを見つけました。それによると、本社は東京都の神楽坂に存在していたようです。他、当時のヘッドホン関係資料といえばステレオサウンド別冊の本がある筈なのですが、今は奥の院から出てこないので、のちほど判明した情報があれば随時追加してゆきます。

 当時のオーディオにおけるヘッドホンといえば、完全に本流から外れていて、たまにオーディオ誌で紹介されるときは、ケーブルやインシュレータと同様のアクセサリ扱いになっていました。そんな時代に、ナポレックスがほぼヘッドホンオーディオ専業であったことは、先見の明というか、当時のオーディオ業界を考えると無謀というか…まぁ、個性的なメーカーであったことは間違いありません。ただWebサイトを調べると1機種だけ、スキャンスピーク社と共同開発で普通のスピーカも発売していたようです。

 そしてこのHA-5という製品は、ナポレックスが1976年に発売したヘッドホンアンプ。発売期間は1年程度の短命だったようで、当時の定価は19,800円27,000円でした。

 本製品が面白いのは、ヘッドホンアンプながら、プリアウト端子、そしてMMのフォノイコライザも内蔵していること。更にテープモニタまでありますので、機能としては完全にプリアンプですねこれは。更に凝ったことに、それらの回路はすべて別回路になっています。ちゃんと配線追っていないのですが、ケースを開けると、メインの左右バランス同軸ボリウムも3連〜4連装になっていまして、それぞれ通過するボリウムが違うのかしら?他、面白いのは、メインの基板がケース上部から逆さま(しかも斜め)に装着されていて、コンデンサなどは一部を除いて全て上からつり下げられています。電源部分のみが下のシャーシに設置されており、電源部分と回路の分離を狙った構造なのかもしれませんが、実は単にこのサイズのケースに無理矢理基板を突っ込もうとしただけなのかもw。
 とにかく製品のジャンルも個性的ですが、設計もかなり個性的です。

 ヘッドホンアンプとしては、ちょっと高域にクセがある鳴り方ですが、音はとてもクリアでいい意味で当時の高級ステレオっぽい音が楽しめます。入手当時は低音が不足している気がして、それを補うため低音ジャンキーなウルトラゾーンのPRO900で聴いていたのですが、しばらく使っているうちに大分馴染んできたのか、或いは耳が慣れてきたのか(笑)、AKGのK702くらいがちょうどいい感じになってきました。程よい解像感と立ち下がりがやや伸び気味な音のせいか、密閉型より開放型のヘッドホンの方が、このアンプには似合う気がします。

 本製品はプリアウト出力を持っていますので、もちろんプリアンプとしても使えます。現在はNAP250に繋いで聴いていますが、プリアンプとしての音はさすがに私のメインプリであるNAC12と比較できるクオリティーではありません。質もそうですが、中低域に独特なピークを感じますし、高域はもう少しなめらかさがあればと思いますが、新品の状態を知らないので本機の音質評価はできません。ただ、面白い音ではあるので、ここしばらく(といっても年末年始は自宅にいませんでしたが)は、この組み合わせで音楽を聴いています。
 なにせNAC12にはヘッドホン出力がないので、HA-5だと深夜にヘッドホンリスニングを行う時でもスイッチ1つで配線替えしないで済むのが楽w

 フォノイコは正直オマケレベル。聴けなくはないですが、当然ながら自宅のLINN LINTOとは比較になりません。ついでにいうとMM入力なので、SONYのHA-10を挟んで聴いていますが、それに原因があるのかも。使用カートリッジがIKEDA9cIIIなので、評価にはもう少し増幅率が高いヘッドアンプを用意すべきなのかもしれませんね。
 それと、フロントの切り替えスイッチにガリがあるようで、聴いているとノイズが乗ったりしてきます。ここをクリーニングすれば直るか、或いはトランジスタの寿命か…よく分かりませんが、自分が持っているHA-5についてはフォノイコの調子はイマイチです(追記:このエントリを書いた日に再度レコード再生してみましたら、少なくともガリはありませんでした。レコードの再生音も以前の印象より大分良かったです)

 このような個性的な製品を作っていたナポレックスですが、1980年には会社を売却して、オーディオからは完全に撤退したようです。同じ名前でカー用品のメーカーがありますが、同社の沿革を読む限り、全く関係ない会社みたいですね。

 1970年代といえば、住宅も今より狭かったですし、遮音性も現代の住宅よりもありませんでした。本来は現在よりもヘッドホンリスニングが求められる時代だったような気もしますが、何故かあの頃のマニアの大多数は本気でヘッドホンオーディオに取り組もうとは考えませんでした。そんな時代に当時アクセサリ扱いだったヘッドホンをほぼ専業にするとは、時代が半世紀ほど早すぎたのかもしれません。

 もし、現在もこのメーカーが存続していれば、STAXと並んで日本のヘッドホンオーディオを盛り上げていたのかもしれないと思うと残念です。そして当時の社員だった人達は、今のヘッドホンオーディオの盛り上がりを、どんな思いで見つめているのでしょうか?

OLYMPYS E-M1 + Zuiko Digital 50mm F2.0


コメント

こんにちは、はじめまして、兵庫県在住 渡辺と申します。
flatearth.Blogをちょこちょこ、参照しております。

ネット世界を放浪し思うのが、ネット世界で多いのが、10代とか20代の若い人物で、具体的に数字で表すのは、無謀かもしれませんが、当方の実感では、99%(10代とか20代?)といった実感なのです・・・。

がっ、このflatearth.Blogは、これと異なる感想を感じるんですが、実際のところは、いかがなのでしょうか?

オーディオ関係のコメントが多いようですが、当方もオーディオに昔から興味があり、こちらは関西なので、私は今から20年ほど前の大阪日本橋に、よくオーディオ機器を入手しに、でかけたものでし
た・・・。

さて、わたくしは、ホームページも開設しております。よろしければ、参照ください。

URL: http://binge2.web.fc2.com/
e-mail: binge1_1@yahoo.co.jp

それでは。

渡邊さん

コメントありがとうございます。
ホームページ拝見させて頂きました、中々多趣味なようですね。

最近はオーディオの記事が多いのですが、実はオーディオ意外にも色々やってるので、そっちのネタも公開していかないとなと思っているところです。ブログの更新頻度も大分下がってしまったので、もっと沢山のネタを欠いていければ良いのですが。

更新頻度は低いですが、これからもお読み頂けると嬉しいです。

自分は、ここのHA-3を現行当時に買って使ってました。
何年かしてコンデンサーをblack gateに入れ換えたら無茶苦茶良い音になってビックリしました。
調子に乗ってバッテリー駆動にしたら、Trと抵抗を焼いちゃってオダブツです。
スキルが足りなくて修理出来ず、バラバラになった残骸が残っています。
出来ればもう一度入手して使いたいものです。
以前、適価の良品を迷って落札しそびれたのが悔やまれます。

.S.Sさん、どうも。

HA-3をお持ちでしたか!
私は実物を見たことないですね。どこかのドフに転がっていないかな?

ブラックゲートのコンデンサ、今調べたら値段がすごいことになってますね。そういう話を聞くと自分でも手を出したくなりますが、私もスキルがないので。

トラブルのHA-3ですが、Trと抵抗だけの交換で済めばいいでしょうが、他も壊れているかもしれませんし、かといってそれなりのお金払って修理という機種でもないので難しいですね。修理というか、自作ヘッドホンアンプの素材といったノリで手を入れてみては如何でしょうか?

他にもNAPOLEXネタがあればよろしくお願いします。

返信有り難うございます。
壊した当初は代替えのTrをパーツ屋で探して貰い、入れてみたのですが、駄目でした。焼けた抵抗もカラーコードを読み間違えたかな?
今ならネットが有りますから、パーツをオリジナル通りにして復元可能でしょう。(完全絶番でない限りたぶん)
ただ、惜しむらくはオリジナルの素子が行方不明で訳ワカメ…
オマケに下手なハンダ処理でパターンがボロボロ。
出来ればオクでHA-3を入手して構成を探り、新たに基板起こしてコピーしたいですね。(その辺の心理は複雑もしくは微妙)
一応、型取りするオリジナル基板とボリュームとスイッチは有りますから。
ま、そんな気分ではあります。
あと、あれはヘッドフォン出力0.5Wですけど、金が無くて暫くロクハン(4chのリアスピーカー)を繋いで鳴らしてました。
それしか無いと思えばそこそこ聴けましたよ。(笑)
ではまた。

.S.Sさん

基板のパターンがわからないのは残念ですね。
いつか直るといいのですが。

HA-3とか、自分も安く見つけたら手を出してしまうかもしれません。
それと、こうなるとNAPOLEXのヘッドホンもどれかほしい気分ですね。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ