まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« M.Zuiko Digital 40-150mm F2.8 | メイン | LO-D HS-50 »

▼2018年10月23日

ARTISAN&ARTIST ICAM-6000N

https://farm1.staticflickr.com/926/42348077365_227f42cc88_m.jpg カメラのジャンルだと、俗に「レンズ沼」なんて言葉もありますが、カメラバッグ沼ってのもあると思うんですよね。アリもしない理想のカメラバッグを求め、ズブズブとカメラバッグをいくつも買ってしまう、そういった人多いのではないですか?

 私なんて元々バッグは大好きなので、タダでさえ色々買ってしまうのですが、カメラバッグも例外ではありません。もっとも、機材をマイクロフォーサーズにシフトして以降、新しいカメラバッグには手を出していませんでしたので、このシステムに似合うカメラバッグはちょっと欲しいなぁ…とは思っていました。

 そんな中でピピン!と琴線に触れたのが、今回取り上げるARTISAN&ARTISTICAM-6000Nというカメラバッグ。メーカーの説明によると「ミドルクラスの一眼レフカメラ本体+交換レンズ3本+15インチPCをしっかり収納」とあります。

 世の中のカメラバッグの多くは、うたい文句として「想像以上にモノが入る」とか「収納ポケットが多い」なんて機能をウリにしている場合が多いですが、メーカーの説明はともかくとして、私が思うにこの6000Nについては「想像通りしかモノが入らない」「収納ポケットは最小限」なバッグかと。

 実際この6000Nを手にして、普通のカメラバッグのつもりで使おうとすると、「思ったより入らない」なんて思う人が多いかと想像します。
 というのも、メインコンパートメントがいわゆる、ひらくPCバッグ風に上部が絞られていて、前面のサブポケットには割と平べったいモノでないと入れにくい。
 また、このサブポケットは内部でメッシュ状になっていて、中に入れたモノが見えやすい…のですが、逆にメインコンパートメントに入っているカメラ機材とメッシュを通して直接接触しますので、スマホとか入れておくと、ゴツいカメラ機材に当たり、ひょっとすると画面が割れてしまいそうです。
 本体左右横にはサイドポケットがありますが、ここも本体フォルムピッタリに縫い付けられているので、薄い小さなモノでないと入れられません。そのくせポケットの深さは微妙に浅いので、私のiPhone7 Plusを入れておくには心許ない。
 唯一、本体のフォルムから外れた形で荷物が入りそうなリアポケットですが、こちらはポケットというよりもキャリーバッグのハンドルに通して使う事を想定しているせいか、ポケット下はファスナーで開くようにできていてファスナー止めのロックもないので、貴重品入れておくには心許ない。一日歩いていると下のファスナーが半分くらい開いてたりしますし。
 それと、ショルダーストラップが本体斜めに出ているため、肩で斜めがけするには都合がいいのですが、ひょいと持ち上げてそのまま肩掛けすると微妙にバランスが悪い。手持ち用のストラップも付属していますが、同じく斜めがけ前提のストラップに沿うように装着されているので、持ち上げるとバッグが前側に傾いてイマイチな感じ。それと、すらりとした見た目は確かにカッコいいのですが、案外安定性に欠け、電車のシートにおいたりするとすぐに倒れるというか転がります。

 という感じで、色々欠点を挙げましたけど、ではこのカメラバッグの利点は何?というと、ずばり「見た目」。
 つまり、一般のバッグと比較してどうしてもヲタっぽく冴えない感じになりがちなカメラバッグの中で、このスタイリッシュなフォルムはそれだけで欲しくなってしまう人もいるのでは?
 そうそう、世間一般のカメラバッグでよくあるうたい文句として、「おしゃれな外見はカメラバッグには見えません」なんてのがあったりしますけど、やはりカメラバッグはどうやってもカメラバッグで、それ以外には見えません。別にそれが悪いという訳ではないのですが、このICAM-6000Nについては、ややクセのある使い勝手と引き替えに、きちんとふたを閉めていれば本当にカメラバッグには見えない…、そこが最大のメリットかと。

 ではカメラバッグとしてはダメなの?というと、そんな事もなくて、きちんと計画通りに荷造りをして、このバッグ使用中はちゃんとカメラバッグとして使う、という使い方であれば、中に入れたレンズや機材も取り出しやすいですし、収納もラクラク。
 また、混んだ電車内などでも突起物が少ないシンプルなフォルムなので、あまり邪魔になりませんし、人混みの中でもスマートに移動が可能です。

 ちなみにこのカメラバッグですが、マイクロフォーサーズ大三元レンズにE-M1本体、そしてMacBook本体と、予備バッテリやACアダプタ、モバイルバッテリなどの小物を入れたポーチは充分に入ります。また宿泊の場合でも、メインコンパートメント底に着替えの下着を敷くように入れればこのバッグのみで泊まりのお出かけも可能。まぁ…下着以外の服は入りませんけどね。

 私は同じARTISAN&ARTISTのカメラバッグでGDR-212Nというモデルも持っているのですが、こちらはこの6000Nとはコンセプトもスタイルも真逆で、とにかく色々突っ込める、典型的な「見た目以上にモノが入る」バッグ。
 撮影についても、カメラを何度も取り出したりしまったり、そのたびにフィルターなどの小物をつけたり外したり、ついでに出先になんでも色々な小物をもって行ってとっかえひっかえ使う人(なんか文章に否定的なニュアンスが出てしまいましたがそんな意味は全くないです)に適したバッグです。そういう撮影スタイルの人には、この6000Nは向いていません。

 私の今の撮影スタイル的には、今回入手した6000Nの方が向いているかなぁ…なんて。

 どちらかというと、ガチなカメラヲタや本気のプロ向けではなく、オシャレに街を散歩するハイアマチュア向けのカメラバッグなのかもしれません。私本体は別にオシャレでも何でもないのですがw
 街中の公共交通機関を利用した撮影には、こういったシンプルなバッグの方が、使いやすいし周りの乗客に迷惑もかけないし(大柄なカメラバッグは混んでいる場所だと意外と迷惑)、便利なのではないかと思います。

iPhone7 Plus


アマゾン:カメラバッグ

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ