まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ここがダメだよHP! | メイン | MマウントとFDマウントアダプタが登場 »

▼2008年11月18日

iPhone付属のApple USB電源アダプタに不具合

 私には関係ない話だけど、こりゃひどい…。

 Apple USB 電源アダプタの内部とは」:KODAWARISAN

 対策品は、ピンの先端がコンセント内部に引っかからないよう丸く切り欠きがあるようだが、そもそも内部側のピンの固定方法を改善しない限り、根本的な解決にはつながらない気がする。

 というか、コンセントで熱を持つ場所に、あのような内部に引っかかりもないピンを接着剤止め?アメリカンというか、もはやチャイナリスク!…と叫びたくなる位いい加減なエンジニアリングだな。iPhone買った人は、例えアダプタが対策品だったとしても、別なUSBコンセント使った方がいいのではないかと。

 ピンだけコンセント内に残った!なんてトラブル、地味に大変なトラブルだと思うよ。

コメント

わはは、って笑っちゃいけないですが。
すごいなぁ、これは。
抜こうとして感電、なんて二次災害が簡単に想像できてしまいます。

対策の仕方がまたすごいですね。二段オチか。

対策品の中身も、外見から見た限りでは変わってなさそうですけどね。
ピンの形って、問題はそこじゃないだろうと!(笑)。

とりあえず、自宅のハッベルに刺したら、一発で駄目になりそう?

ああ、そこ気づかなかった、HUBBELL! 
現物見てないのでなんとも言えませんが、確かに一発で逝っちゃいそうですね。

より強力なMARINCOってのもありますが。
あれはちょっと極端なので、例外にしときましょう。
壁がはがれるよりは、コンセント壊れた方がましかもしれないので(笑)。

マリンコはホスピタルグレードのプラグでも結構ヤバイ位でしたからね。
アレなら確実?(笑)

もっとも、にしだやさんの言うとおり、壁やっちゃうよりはマシか…。
むしろマリンコの壁コンには安全なUSBプラグとして…(笑)。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ