まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 宇宙の戦艦第4集・ガトランティス帝国の艦艇 | メイン | パソコンは1台のPCにまとめなさい! »

▼2011年08月21日

OLYMPUS E-3を導入!

20110821_03.jpg 遅ればせながら、我らがオリンパスの第2世代フラッグシップ機、E-3を買ってしまいました。中古ですけどね。

 思えば、きっかけはXZ-1を使い始めたことだったと思います。手ぶれ補正の圧倒敵便利さと、現代のデジカメが持つ高感度への耐性。なにせそれまでは、普段の手持ち機種として、第1世代のRICOH GR Digitalを使っていたわけですから、もう今のデジカメってスゲーんだなと、浦島太郎状態できゃっきゃしていたんですよ。

 でも、そんな中ふと思ったのが、手元にある膨大なZuiko Digitalレンズ群。それまで所有していた FourThirdsのデジタル一眼レフカメラは、E-1E-410で、どちらも手ぶれ補正などのモダンな機能は搭載していません。なので、日常のスナップにはちょっと厳しい場面が多いのですが、晴れた日の屋外などでは、やはり当然ながらXZ-1とは比べものにならない画像を吐きだしてくれるのです。そう考えると、これらのレンズをモダンなボディーと一緒に組み合わせて使ってみたいと思うのはある意味当然な訳です。

 ということで、すぐに買おうとまでは思っていなかったのですが、とりあえず中古価格がバカ安のE-620なんかをそれとなく探していたんですね。あのボディはいわゆる「全部入り」と呼ばれる機種で、手ぶれ補正もアートフィルターも階調オート機能も全て付いています。ま、防塵防滴じゃないのがちょっと残念ですが仕方ないです。

 なぁんて思って、とある中古カメラ屋さんをのぞいてみたら、ななんと、中古のE-3が3万円台前半で出ていました。思わず「うわっ…オリンパスのフラッグシップ…安すぎ?」と頭の中で呟いてしまいましたが、とりあえず状態を確認させてもらいました。

 すると「安い理由」というのは明確で、背面の液晶パネルにひっかき傷が付いているんですね。その他の部分については、外観もとても綺麗。念のため在庫にあった他のE-3とも比較してみましたが、グリップ部分の劣化やボディコーナーのキズなど、明らかにこちらの方が状態がいい。となると、この液晶のひっかき傷さえ我慢すれば、相当なお買い得な訳で、めでたく購入してしまいました。ちなみにショット数は1万を超えたあたり、ま、そんなモンでしょうね。ちなみに私のE-1は24,000ショット位です。ショット数の調べ方はこちらをどうぞ

 家に帰って、液晶パネルをダメ元でコンパウンド付けた布でちょっと磨いて、上から液晶保護シートを貼ったら、あら不思議、キズは目立たなくなりました…という訳にはいかず、相変わらずそれなりにキズは見えるのですが、ま、この程度なら仕方ないでしょ。いざとなれば修理に出せば済むことです。

20110821_04.jpg 早速、レンズを装着して適当にその辺を撮り歩いてみたのですが、なんといっても夜景が手持ちで撮れてしまう、ってのが感動です。手ぶれ補正、すごいですね。
 それと、フラッグシップ機の割にはボディもコンパクトで携行しやすい。それでいてZuiko Digitalのハイグレードレンズ以上なら、この状態で防塵防滴になります。新品発売当時は、水濡れの故障は1年間完全保障!とか詠っていましたので、オリンパスの防塵防滴は本物です。現にE-1なんて、防滴というか防水に近い。何度もびしょ濡れにしたり、雪に埋めたりしていましたので。

 最近では、横着してデジタル一眼レフカメラをあまり使っていなかったのですが、これを機に、またボチボチと一眼生活に戻ってみたいと思っていますよ。

OLYMPYS XZ-1 / OLYMPUS E-3 + Zuiko Digital 25mm F2.8


コメント

うわ、安!
新品まだ買えるけど意外と値段下がってないんですよね。

おめっす!
私はE−5が欲しい!
でも、正直稼働が減っているので悩み中。

>にしだやさん

 いや〜やっちゃいました(笑)。
 にしても、まだ新品って売ってるんですね。
 確かに、意外とタカイ…。


>ふじむらさん

 中古で申し訳ない(笑)。
 E-5はなんとかして自分も買いたいですね。
 ただ、確かにデジタル一眼の稼働率が私も激減してるのが悩み。
 次の週末は、カメラ抱えて出かけることにします。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ